SITE INDEXCLAPMAIL FORM



「銀色は嫌いなんだ。孤独なひとを思い出すから」
イェイエル河に分断された大陸の西側、大国クロンクビスト。自ら企てた計略と闘争の後、末の王子が王位を手にして八年。
政変を機に『教会』を統率する教皇庁から離反し、礼拝堂の扉を固く鎖して、適齢を過ぎてなお王妃も迎えずただ独り、彼は、血に濡れた王冠の縁を固く握り締めていた。
──花の盛りを見送れば、夏の嵐はやって来る。
餓えるけものの許へ運命が導いたのは、奇しくも『銀』の鳥だった。

恋愛FT『碧の独善』外伝 青 衣せいいぎん

【恋愛FT/復讐/政変/PG12/不定期更新/予告///本編『碧の独善』】

2017/08/08 03.王冠を戴くもの up
【 前 夜 】

      受胎告知 // 彼女はこちらを見ていない。それでもなお、潰えぬ。
      ゲッセマネの祈り // 血塗られた道をゆくけものに。どうか天使の加護があるように。
      茨の王 // 残響している。それでももしも今、ここにあなたがいたならと思う。


【 本 編 】

      01.ここに天使はもういない  02.マグダレナ  03.王冠を戴くもの


【 番 外 】

      祈りの跡 // 深いため息のような、クラヴィコードの音がする。


【 登場人物 】

マリアベル//大陸北方のミルヴェーデン王国からやって来た女性。白緑の眸と銀灰の髪を持つ。
ウィリアム//クロンクビスト国王。八年前の政変を機に王座に就く。

ハーシェル公エリオット//ウィリアムの腹心。枢密顧問官。以前は兄王子の補佐役だった。
ヘイデン//近衛騎士団長。 アラン//ウィリアムの侍従。
ニーナ//ウィリアムの侍女。以前は異母姉の侍女だった。双子の妹がいる。
ミシェーラ//前王妃。夫の処刑により廃位されている。実父はアシュバートン公爵。

ユストゥス七世//教皇。クロンクビストにおいては、「失われた首座司教」と呼ばれる。
ジュード//ボルジャー家当主。聖職貴族。
オフィーリア//ウィリアムの異母姉。元第十王女。 レイフ//オフィーリアの騎士。

クラリッサ//ヴェンネルヴィク王国女王。八年前、兄王子と婚姻関係にあった。


SITE INDEXCLAPMAIL FORM

copyright (C) 2016- sin saezima All Rights Reserved since 16/01/24
This page is designed by sin saezima, the material by 24/7.